FC2ブログ


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉美山の館



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

思い出

2011.06.28(11:23) 97

まず、今春秋さんを偲んでの短歌を募集しています

ふるって参加をお願いします




思い出

春秋を偲んでいろいろ思い出されることがあります

今回はその一つ、スカイブ

実際に合ったことのない春秋さんですが、何回かお話をする事が有りました

それがスカイブです

以前はネット上でみんな集まって話しましたね

眉美山は仕事の関係上なかなか皆さんと一緒とは行きませんでしたが

昼間春秋さんとチョクチョク

話の大半は短歌のこと、話に熱中してくると春秋さんは段々難しい方へ

眉美山には意味不明のまま、生返事・・・・・

こんな光景がよくありました

若い頃(20代)余りにも短歌が次から次へと出てくるので

歌人を心出したこともあったとやら、

えっ《゚Д゚》 もう数十年も短歌を遣っているのだ

64



そんな話の中で、このようなことを聞いたことがあります

「春秋さんは、良く皆さんが添削希望と書いていますが、メッタにしませんがもっとドンドン添削して

   皆んなのレベルアップを図ったほうが良いのでは」そんな眉美山の質問に春秋さんは

短歌は各々の人の良さが出ているのです、雑な人、繊細な人、全体を見ている人、一部を見ている人

それが直すことでその個性が失われる方が心配だと

歌を詠んで本人が良くなかったと思う方が、勉強になる


5544


短歌は何時も詠んでないと上手く出てこない時が有ります、

ブログ上にUPした後でもアソコはこの様に詠めば良かった、イヤもっと・・・・・

この様なことは日常です

でも続けていこうと思います

皆さんの、現在の歌を募集します

春秋を偲んで一句お願いします







向日葵さんからの詩

華やかかりしクルル時代を思い出される詩ですね

56


早いもので、春秋さんが亡くなってもうすぐ1周忌を迎えようとしています

今もみんなの記憶の中に生きている春秋さんです


伯苑さんがいろんな春秋さんを詠ってくれました

23

本当に宝物です

私も春秋さんの歌や俳画を今も大事に採っています

パソコンが壊れたりしましたがココだけはチャンとバックアップしていました


42

本当に短歌の事を話し出すと止まりませんでしたネ

あの包容力の大きさは短歌をやっていた所為なのでしょうか

55

本当に楽しい時代でしたね、自分の考えたことを短歌に詠い

文の構成やつりあいを考える、最も単純なる作業がこんなに面白いなんて・・・・

眉美山にとってもあたーらしい世界でした。





白狐ミミさん

妖艶歌を詠わせれば・・・

春秋さんが作った俳画を少し加工せてUPしました

75


スポンサーサイト

眉美山の館



タイトル画像

春秋さんを偲んで

2011.06.25(14:58) 96

伯苑さん・白狐ミミさんが春秋さんを偲んだ詩を送ってくれました

春秋さんが得意としていた人物挿入の

俳画を真似て眉美山も及ばずながら作ってみました

65

とても優しい歌に春秋さんが如何に尊敬されていたか判ります

それにしても詩に合わせての俳画今更ながら難しいものですね

少しでも春秋さんの雰囲気がでた到なら幸いです




33

顔も知らない、春秋さんですが

何時までも皆んなの記憶の中に生きているのですね

2

私も黄昏色に染まってきています

そう遠くない時期にモノクロの世界で春秋さんと詩を詠みたいものです





ここでお願い

春秋さんを偲んで詩を詠みたいと思います

春秋さんへの思いを詩、もしくは写真でも結構ですお寄せください




ソアラさんからの歌です

222


ソアラさんありがとう




眉美山を含め何時も短歌を詠んでないと

「なかなか歌が出て来ない」との意見がありますが

やはり歌は気持ちです、春秋に添削してもらうつもりで、投稿あ願いします

春秋さんもあの世で添削での参加してくれることでしょう

眉美山の館



タイトル画像

今度はピカサを使って

2011.06.24(12:07) 95

最も簡単にできる画像処理の一つ

ピカサを使ってみました

99

今回は久しぶりに艶歌を作ってみました

この暑いのに馬鹿なこと書いてと言わずにお付き合いを

この身を濡らすのは五月雨の所為それとも・・・・



00


紫陽花は小さな花の集まりですよね

全てを開くまで貴方と・・・・・


この画像はピカサとJtormを使って仕上げました

勿論元の写真は同じものです

眉美山の館



タイトル画像

平賀源内的・・・

2011.06.23(00:42) 94

本日は平賀源内的発想の遠近法を試してみました

平賀源内って誰??

聞いた事無いでしょうか、江戸時代の発明家

いろいろ変わったことをしたので変人扱いされた、日本のエジソンと言われた人

エレキテル・・・・・聞いたことないですか

その平賀源内が言った遠近法を遣ってみました


1

これがげんがです、これでも少し遠近が感じられますね

2

これはバックをセピアにしてみました

アジサイは原色のままです

3

今度は画面全体を明るくすつ意味でバックを白黒にしてみました

さぁ貴方はどの遠近法が好きですか?




ではもう一度別の写真で、今度はアジサイに色が付いています


0

これがげんがです

11

そしてセピア

22

これは白黒ではなくグラデーションを施しています


ここで向日葵さんからいただいた歌を

「 雨降りて鮮やかなりき七変化
         乙女のこころ変わりてゆかん」



眉美山の館



タイトル画像

今度は紫陽花

2011.06.19(15:20) 93

今度は紫陽花を見に行きました

我が女房味をしめたか、大乗り気

今年の誕生祝いには一眼レフをなんて言いかねません

11

こんな事を書くと「仲がよろしいですね」なんて言われますが

いやぁ、現実は

232



それにしてもこの詩少し川柳風ですね

もちろん川柳は5.7.5ですよね

短歌はご存知5.7.5.7.7.

専門家に言わせますと、俳句、川柳は幾通りもの解釈の方法があるので

唄に広がりが有るとの事

短歌は最後の7.7が有るために意味が固定されるとの事でした

まぁ、それは人それぞれだと思うのですが

133

では川柳に挑戦

取りあえず2句

勿論詩の出来の悪いのはご愛嬌です

そして最後に短歌に少し風刺を聞かせて

144




眉美山の館



タイトル画像

ホタル

2011.06.12(09:55) 92

今年初めての蛍を見ました

勿論車の中からですが

場所は耶馬溪

邪馬台国に繋がる道という説もある

山の中の渓谷です

今年も戻って来てくれた

そんな気持ちで・・・見送りました


DSCF0333455.jpg


「淡色の 私の心 恋模様
   
      見つけて欲しい 貴方にだけは」



今の若い女性はモットハッキリして居ると言いますが

この様に口に出せずに、心に秘めている人も居るのではないかなぁ?

期待を込めて・・・

眉美山の館



タイトル画像

御用心

2011.06.10(11:08) 91

昨日今流行りのグルポンで購入したレストランで食事をしました

軒並み半額のクーポン

本日は普段1480円の北九州名物の焼きカレーセットが740円に

セットと言ってもコーラにミニサラダがついたものです

今までも何度かグルポンでの食事券を購入しましたが

結果は全てハズレ

今度こそは・・・今度こそはと性懲りも無く挑戦

そしてこの度もやはりハズレ

もともと観光地の食事

焼きカレーなるモノが割高ですから、半額の740円でも割安感がない

味とてカレーに目玉焼きとチーズをのせオーブンで焼いたもの

特別の物でも無ければそれ以下でもない



以前小倉の天ぷら定食をやはりグルポンで購入

その時も大ハズレでした

安物買いのなんとやらを字で行った食事でした

11

字が見えにくいですね

「半額の 声に誘われ ふらふらと
            
             花びら揃う 勝負に勝てず」

先日の夜宮公園にて半分の花弁の菖蒲が有りましたので写真に撮ってみましたが

矢張りチャントした菖蒲に挑んでも勝てませんね

眉美山の館



タイトル画像

花菖蒲

2011.06.09(15:50) 90

昨日戸畑区の夜宮公園へ夫婦で花菖蒲を見に行きました

少し時期が過ぎていたせいか

いささか萎れか駆っていましたが

花菖蒲はいいですねぇ

1


パノラマでの撮影少し小さくなりましたが

これで約1/3位です

人が多く全体はなかなか撮影できませんでした

人が居なくなった瞬間を狙ってパチリ

2

朝まで降っていた雨のせいでしょうか、多くの水滴が。。。

3



4


5


昨年まで行っていた豊津の花菖蒲の方が量や種類も多く

また真近で花を見ることができ良かったですが

なにせ、ここ夜宮は市内のど真ん中にあるせいで交通の便が良く

多くの人が訪れていました

33


軽く汗ばむ時期・・・薄夏

最後に成りましたがゲスト出演しているのは我が女房です。

眉美山の館



2011年06月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 思い出(06/28)
  3. 春秋さんを偲んで(06/25)
  4. 今度はピカサを使って(06/24)
  5. 平賀源内的・・・(06/23)
  6. 今度は紫陽花(06/19)
  7. ホタル(06/12)
  8. 御用心(06/10)
  9. 花菖蒲(06/09)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。